車検諸費用

用語解説

車検諸費用を解説してみます

車検諸費用は、車検をするときに必要になる費用です、費用は車検時に車検をしたところ、ディーラー、整備工場、車検店に払いますが、最終的に国に払うことになります。

車検諸費用

 

重量税

重量税(自動車重量税)は、その名前通りに車の重さに掛かる税金です。

ただし、重量以外にも基準があり、排ガス規制区分・経過年数によっても税額が変わってきます、自家用車の場合は0.5トン単位で税金がきまっていて、重い車ほど高くなります。

自動車重量税は、すべての自動車に掛けられていて、軽自動車にも掛かります。

車を持っているだけなら掛からない

自動車重量税は、車を持っているだけでは掛かりませんが、車検を受ける時には先に必要になるため、重量税を払わない=車検を受けられない=公道での走行が出来ないという事になります。

自賠責保険

自賠責保険(自動車損害賠償保険)は、交通事故が起こったときに「被害者への補償」をするための保険です。

自賠責保険は、新車・中古車に関わらず、公道を走る車に加入することを、法律で義務付けられています、自賠責保険に入っていない車は公道を走ることができないわけです。

自賠責保険への加入は、ナンバーの取得時や車検時に行います。

車検の時の自賠責保険料は、乗用車で27,840円、軽自動車で26,370円となっています(2018.10時点)

印紙代

印紙代は、車検を受けるために支払う検査料金のことで、収入印紙を買って手数料納付書に貼って納めるため、このような言い方をしているのだと思います。

普通の人からすれば、印紙代ではなくて、車検検査料とかのほうがしっくりくる気がします。

印紙代も、他の車検諸費用と同じように、車検を受ける時に先に準備する必要があるので、支払わない場合は車検が受けられなくなります。

 

関連記事

  1. 用語解説

    マイカーリースのよくわからない「残価」をザックリ解説

    マイカーリースでよく使われる残価について、アドバイスっぽいことを交えな…

  2. 用語解説

    メンテリースとファイナンスリースの違いをザックリ解説

    マイカーリースには、車だけの契約とメンテナンスを含めた契約があります、…

大事な事

  1. マイカーリース

    4月・5月に車を買う人、リースなら将来支払いが楽です
  2. マイカーリース

    リースvsローン、ホントはどっちが安いの
  3. マイカーリース

    マイカーリースで大事なお店選びのポイント
  4. マイカーリース

    マイカーリースのデメリット
  5. マイカーリース

    マイカーリースでは新車値引きがないことがある
PAGE TOP