マイカーリースと残価設定付きローンどっちがいい

マイカーリース

マイカーリースと残価設定ローン(残価設定プラン)購入から車を手放す時までどっちが楽か比較してみます。

マイカーリースと残価設定プランどっちが楽

マイカーリースと残価設定プラン(残価設定ローン)では、所有と賃借という違いがあるので、そもそもフェアな比較ではなく、金額面(資産)という点で見ると残価設定ローンのほうが安くなるハズですので、それ以外を比較説明です。

購入時の値引き交渉

マイカーリースは、値引き交渉はあまりありません。

まったくないとは言いませんが、販売店では「値段があえばどうぞ」という売り方にが多いので交渉が発生しずらいそうです。

残価設定プランは、車の値引き交渉の後に、月々の支払金額を決めることが出来る分、少し大変かも

マイカーリースのほうが少し楽なことが多いです。

月々の支払しやすさ

月々の支払額を比較すると、マイカーリースの方が安くなることが多いです。

買いやすさという点ではマイカーリースに分があるように思います。

ただし、”残価設定プランは購入”ですが、”マイカーリースは借りる”ということなので、車の使用には大きな差はありませんが、マイカーリースは所有しているわけでないということですので、ここは注意したいポイント。

マイカーリースのほうが支払しやすいです。

納車

納車までの手続きなどは、新車を普通に買うのとまったく手間は同じです。

マイカーリースだからといって簡単になったりすることはありません、もっとも、この部分はセールスマンとお店がやるので、特にやることはないと思います。

マイカーリース・残価設定ローン同じです。

車検・点検・メンテナンス

マイカーリースと残価設定プランでは大きく違います。

マイカーリースの場合は、メンテナンスをお店が請け負っているでの、オイル交換、点検一つとっても、最低2回程度は接触しようとします。
特に車検の場合は、2ヵ月以上前から言ってきて、車検を実施するまでしつこく言い寄ってくるでしょう。

残価設定プランの場合、1~2回連絡を取って明確な返事がなければ、車検であってもそれ以上アプローチはしないのが普通です。
また、メンテナンスパックなどを購入していても、実施するのは「ユーザーの責任」というスタンスなので、こちらからアクションを起こさないといけない場合もあります。

マイカーリースのほうがフォローがしっかりしています。

税金の支払

毎年の税金に関してはマイカーリースが圧倒的に楽です。

期間中の自動車税や車検時の税金などはマイカーリース会社が支払います、ユーザーには自動車税の納付書すら手元に届かないことのほうが多いハズです。
残価設定ローンは普通に購入した時と同じなので、すべてユーザーが用意して払います。

マイカーリースのほうが楽です。

自動車保険

マイカーリースなら長期保険を組み込むことでリース期間、自動車保険を気にする必要がなくなります。

毎年の保険料に気に病むこともなく、期間中の保険は万全です。

一般の購入方法でも、長期保険は入ることが出来るので、同じことは出来るのですが、問題は保険料の支払い方、長期保険も原則は1回払いですなので高額な支払金額になります。

自動車保険の分割払いは、実質はローンで金利はマイカーリースよりも遥かに高くなります、5年間の保険が一括払いで50万円だった場合でも、分割払いにすると保険料が60万円を超えてしまう事も珍しくありません。

マイカーリースの場合は、リース料を計算するときに、50万円の保険料で計算するので、そのぶんお得になります。

マイカーリースが楽。

車を手放す時

車を手放す(売却・廃車)をする時は、マイカーリースはリース会社に必ず相談しなくてはいけません。

というか、そもそも車の所有者はリース会社の物なので勝手に売却などできないのです。

一方で通常購入・残価設定プラン購入の場合、支払期間中であってもローン会社に言わなかければわかりません、ただし、黙って売却しても支払残金を払わない限り、車の名義変更など一切ができにないので意味はありませんけどね。

どちらも、最終的には同じような感じですが、しいていうなら通常購入の方が少し楽かもしれないです。

ローンのほうが楽

マイカーリースと残価設定プランどっちが楽のマトメ

マイカーリースと残価設定プランでは、マイカーリースのほうが楽になることとても多いです。

ただ車を所有していないという側面も持ち合わせています、手間や時間を重要視するなら、マイカーリースがオススメですが、車を財産と考えるのなら残価設定プランのほうがいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました