マイカーリースでは新車値引きがないことがある

マイカーリース

リース料金を計算するとき車の値引きも含まれているような説明をされるはずですが、どのくらいの値引きをしてくれているのか、本当のところ解説してみます。

マイカーリースの新車値引きとても少ない・・

実はマイカーリースの料金を計算するときに、新車値引きはゼロに近いのが実情です。

ショックな話かもしれませんが、マイカーリースは値引きゼロでリース料を計算するケースが本当に多いのです。

どうして新車値引きがないのか?

マイカーリースでは、どうして値引きがないでしょうか?

  • お店が儲かる
  • お客さんには「わからない」

という実に単純な理由です。

マイカーリース販売店の中には、新車値引きを表現しているお店もあるかもしれませんが、ほとんどのお店で「月々の金額」だけで商談をしているハズです。

もしも、新車ディーラー並みの値引きをして、リース料を計算をしているなら積極的にその事をPRしてくると思いますが、まずないでしょう。

マイカーリースが注目されたといっても、普通の人にはイマイチ分からない内容が多いのですが、もともと車の購入はわからない事が多いこともあり「まぁそういうものなのかな?」「月々〇〇〇円ならいいや」と言う感じで、いわれるがまま契約をしている人がとても多いですね。

マイカーリース販売店にとっては「今が旬」とも言えます。

 

リースだから高い・・・わけではない

マイカーリースでは、新車値引きがないので、お客さんはかなり割高に買っていることになりますよね。

当然、オプション品といった、付属品にも値引きはないでしょう、メンテナンスの内容についても同様です。

ところが、「月々のリース料金」を説明されてるので、安く乗れると思ってしまっています、私からすると今のマイカーリースは「根本的に割高な商品」というのが実態と思います。

ちなみにどれくらい高いのか

軽自動車の新車を、新車ディーラ以外のお店で普通に購入した場合と、マイカーリースを利用した場合の「お店の利益」

通常の新車販売の利益、5~15万円
マイカーリースの利益、25~40万円

ざっくりですが、これくらい差があると思って間違いないでしょう。

その差の分はお客さんが、毎月払っているわけです。

この中には車検代や保険代といった部分も加味しているので、車両代だけで比較するなら、もう少し差はなくなりますが、車両代だけのマイカーリース契約はあまり多くありません。

このことから、今のマイカーリースは、平均で10万円以上は高く車を買っている計算になります、これが普通車だとさらに増えるのです。

割高に見えない理由

割高になっていると言っても、そこまで高くなっていない、と感じる人が多いのもマイカーリースの特徴です

その大きな理由がマイカーリースのカラクリ「残価」の存在です。

残価は車の将来の価値。

マイカーリースでは、残価分を支払いに加味しないので、同じ期間の月々の支払い額は、普通に買う時よりも低く抑えることができます。

結局は安くなっているのでは?と思う人もいるかもしれませんが、購入と違いマイカーリースは「車を借りている」ので、本当に購入と比較するなら、最後車を買い取るときに必要な金額を足す必要があります。

マイカーリースは、残価分を支払わない限り車は自分のものにはなりません、ここまで計算に入れると、普通に購入するよりかなり高くなっているのが分かります。

値引きから見た、マイカーリース向きの車

マイカーリースと新車値引きがゼロなわけなのですが、一見損だ、思う人もいるかもしれませんが、割高感が抑えられる車もあります。

値引きの少ない、かつ売れてる人気車

人気車といても、みんなが憧れるという車ではありません、売れている車です。

ただ、売れている車といっても、値引き大爆発!で売れている車は、マイカーリスにしたら損、そういう車はダメ。

あくまで人気があって値引きが少ない車、こういう車がマイカーリースに向いています。

値引きが少ない車なら、普通に買ってもマイカーリースにしても、値引き面での条件では差があまりでません。

値引きがなく、納車まで半年とかの超人気車なんて最高のマイカーリース向きかも。

限定車(本当の意味の限定車)

限定車といっても、モデルチェンジ前に出す「お買い得限定車」のことではありません。

「全国〇〇〇台限定」とか「期間限定の特別車」という本当の限定車です。

こういった車は台数や期間という制約があるので値引きがかなり少ないのが普通でマイカーリース向きです。

売れなくなったり、モデルチェンジ末期になるとすぐに「限定車」「特別仕様車」とか出すのがメーカー手法なので、くれぐれもそれと間違いのないようにお願いします。

値引き激渋の新型車

新型車は、その人気があるなしにかかわらず、数ヵ月は様子見の為に値引きが抑えられますから、誰もが安く買うことは出来ません。

ということは、マイカーリースで買っても割高感は少ないということです。

普通は半年程度は値引きが抑えられるものですが、あまりにも売れなかったりすると、数ヵ月で値引きがドンドンでて1年すると「値引き大爆発」なんてこともありますので、新型車でもその見極めは必要です。

中古車市場がスゴイ高い

中古車市場で高値が付いている車は、凄くマイカーリス向きです。

中古車市場が高いということは、その分残価を高くつけれるので割安に乗ることができます。

ただ、途中で事故とかして「事故車扱い」などになると、その査定価格の落ち幅も大きいですからね気を付けましょう。

 

マイカーリースでは新車値引き・・・のマトメ

新車値引きから見た、「今のマイカーリース」はとても高いものなのでチョット勿体ない気がするのがホンネです。

ただ、そう思ってしまうのが、今のマイカーリースが「値引き交渉しない」という前提での契約をしている人が多い為。

個人相手のマイカーリースでなく、会社相手のビジネスでのリースの場合、もう何十年も前から「新車値引きをしっかり加味」したリース料になっています。

個人的には、マイカーリースであっても「値引き交渉をする」「値引き交渉に応じるお店」が少しづつ増えてくると思っていますが、まだ、少し時期が早いのかもしれません。

これから、マイカーリースを利用してみようという人は、是非、お店同士を競合させて、少しでもリース料が安くなるように交渉していって欲しいですね。

タイトルとURLをコピーしました