マイカーリース

マイカーリースが終わったら車どうする?どうなる?

マイカーリース契約期間が終了したときには、今まで乗っていた車はどういう風になるのか、どうしたらいいのか、説明してみますね。

マイカーリース終了時の車

マイカーリースが終了した車は、リース会社に「車を返す」「車を買いとる」「同じ車でもう一度リースを組む」といった形になります、お店によっては「新たに新車リースする」という事も言ってきますね

が、別にそのお店でマイカーリースする理由はありません、ゆえ、選択とは言えないと思います、でも、選択してしまたら言う事に従うしかないですから、もう説明は不要ですね。

車を返す=車がなくなる

車を返すというのは、マイカーリースでは一番多いケースだと思います、契約が満了する日に車を返却をします。

返却時には車を査定され、契約内容によってお金が戻ってきたり、払わないといけなくなるケースも出てきます、実際は払うことはあっても、戻ってくるケースは少ないです。

車を買い取る=自分のものにする

車を返すのでなく、リース会社が定める金額を払って車を自分の物にする方法、車を買い取る、というやり方もあります、この時の支払いをマイカーローンとかにすることも出来ます。

やった~ついに車が自分の物に・・・!

ただ、このケースでは最初から自分の物として「ローン」を組んだ方が、100%金利とか安かったハズ=総支払額は少なかったので、車両についていえば金額的なメリットは少なかったかも

もし、車を買い取たいのなら、早めにリース会社に相談してみましょう、リース終了まで借りるよりも、途中で契約を変更したほうが安くなる場合がありますよ。

リース延長する=もう一度リース・・・

その車で改めてリースを組むケースですが、3年リースした車を2年乗るというのはわかります、が、リース期間の合計が7年でさらに延長・・・とか、もう残価0円に近い場合が往々にしてあるので、再度リースするよりローンにして自分の物にしたほうがいいと思います。

残価0円のリースというのは、車代を全額払っているのにその車はお店の物という、恐ろしいリース契約なのです、リースの意味がまったくありません。

このような長期間乗るという前提でのマイカーリースは、月々のリース料が安くなるので魅力、ただ、けっして安くなっているわけではありませんのでご注意を、むしろ割高になるケースが多いです。

新車に替える

リース会社のホームページの説明では、「新車に替える」という説明があります、冒頭で説明しましが、これは車を返したあとの考えればいいことなので選択とはよべません。

とは、いうものの「前と同じくらい金額なら次もリースしようかな」という事になることが本当に多いです。

一度マイカーリースを使いだすと、車も家賃と同じような感覚になります、ただ、家賃と違うのは「定期的に新築(新車)」になるのが可能という点です。

マイカーリースのリピーターはお店に「超上得意様」ですが、黙っていてはお得様であても値引きされません、値引き交渉は当然ですが、できれば「複数のマイカーリース店と商談する」といった行動は必要だと思います。

マイカーリース期間が終わったら車はどうなる、マトメ

マイカーリースは、まだ、あまり販売されていないことも手伝って、リースが終ったときのも、お店の言いなりになっているお客さんがとても多く、損をしまくっています。

また、リース終了(リースアップ)が近くなってしまい、時間的猶予がなくなり「面倒だから再契約(再リース)」なって、お店の術中にハマっている人も数多くいます。

マイカーリースの基本は3年又は5年契約、残価が終了し次の新車に乗り替える、が最も良いです。

最新の車に乗っていないのなら、マイカーリースの意味は薄れると私は思います。

車を長く乗りたいというなら、マイカーリースでなく「マイカーローン」+「メンテナンスパック」にしするのが、今は理想的と考えます。

ちなみにお店は、リースが終ってお店に戻ってきた車について「中古にしてガツンと儲けてやるぜ」ぐらいしか考えていないです、ゆえに、返金なんて期待しないほうがいいです。お店のいう事は鵜呑みにしないといった姿勢が大事です。

そして全てのマイカーリースは、終了後に「車の価値を正確に調べる」ことがとても大事、今まで乗っていた車のk値さえわかれば、お店の人の言っていることが本当かどうかスグわかります。


車買取比較で大手のズバットは、全国200社最大10社から買取価格を比較できます、ズバットの冒頭には『下取り』よりも『買取り』のほうが、平均で16万円も高く売れた!なんて事ありますが、これは99%本当の話だと思います。
新車販売店・リース販売店には「下取車販売利益目標」といったものがあり、下取り車の売り上げと利益の目標が毎月設定されているハズなので=高値で車は買い取れません(リース残価も高くできません)
査定でズバットが一番高い、とは残念ですが言い切れないのですが、一括査定を利用しないと数万円の損はザラ、特にリースは20万くらいサクッと損してる事も、ディラーで査定担当もやってたので間違いないです。

 

関連記事

  1. マイカーリース

    マイカーリースをザックリ解説

    新車を買うときにマイカーリースで買う人が増えつつあります。マイ…

  2. マイカーリース

    マイカーリースに向いている人と車

    マイカーリースの利用には向き不向きがあります、ローンや現金購入のほうが…

  3. マイカーリース

    マイカーリースと残価設定プランどっちが楽

    マイカーリースと残価設定ローン(残価設定プラン)購入から車を手放す時ま…

  4. マイカーリース

    マイカーリースのデメリット

    最近注目されている、車の新しい買い方のマイカーリース、特にディラーや自…

  5. マイカーリース

    マイカーリースで大事なお店選びのポイント

    マイカーリースで大事なのは、なんといってもお店選びです、車を買うときに…

  6. マイカーリース

    マイカーリースと残価設定ローンの違い

    最近利用者が増えているマイカーリースですが、似たような商品に「残価設定…

大事な事

  1. 自動車保険

    マイカーリース

    マイカーリースのホント 保険編
  2. マイカーリース

    値引きが多い車のリースが安いわけない
  3. マイカーリース

    マイカーリースのホント クルマ編
  4. マイカーリース

    マイカーリースでは新車値引きが計算、されて無いことが多い
  5. マイカーリース

    マイカーリースのデメリット
PAGE TOP