オープンエンドとクローズエンド

マイカーリース

マイカーリースには、オープンエンド方式クローズエンド方式という2種類のリースがあります、それぞれの特徴についてザックリですが説明してみます。

マイカーリースのオープンエンドとクローズエンド

オープンエンドとクローズエンドは、一言でいうと、リース契約終了後の車を、査定する・しない、の違いになります。。

オープンエンド(終了時に査定する)

オープンエンドは、マイカーリースの契約期間が終わったときに時、車を査定して、契約の残価と査定価格を比べてみて、その差額を清算する方式のリースです。

査定が残価より高かった→お店が、お客に差額を払う

査定が残価より安かった→お客が、お店に差額を払う

というようになります。

契約の時に残価が高ければ、月額のリース料金は安く出来ますが、リースが終わったときに清算金が発生しやすくなります。

月々を押さえたい&中古車が高い車に向いている方法

逆に、残価を低く設定すれば、毎月のリース料は高くなりますが、終了時にお金を支払うリスクは低くなります。

不人気車種・長期のリース契約に向いている方法

実際の価格設定は相場を基準に「低め」にするので、マイカーリース終了時に大きくお金が必要になったり、お金が戻ってきたりすることは少ないです(ない事が多い)

ただ、途中で事故をしたりして車の価値を大きく下げた(事故車となった等)たりすると、予想していないかった金額を請求されたりします。

クローズエンド(終了時に査定しない)

クローズドエンドは、リース終了時に残価と査定価格との差額を精算しない方式です。

リース終了後に、車が外観や機能が壊れていない・消耗も良識の範囲でなら、中古車相場どうなっていようと清算金などは一切発生しません。

こういった契約は、走行距離が多くなる法人に向いて、社有車のリースというとクローズエンド方式がとても多いです。

ただし、車を酷使するため残存価格が低くながちで、オープンエンド方式と比較すると月額リース料は高くなりますが、終了時に清算がほぼないので安心できる面があります。

月々の金額は高いのですが、法人がビジネスでリースを使う場合は経費として扱われるので節税の役割をしますから、積極的に活用されています。

オープンエンド、クローズエンドどっちがいい?

個人向けのマイカーリースに絞ってなら、オープンエンド方式が向いています。

法人(会社)の場合は、税金のメリットがあるクローズエンドが向いていますね。

どんなオープンエンド方式のマイカーリースがお得なのかポイントを説明してみると

① 人気車
② 残価の高い車
③ 3年~5年未満の短いリース
④ 残価を払えば車を買い取れる

こういった条件のオープンエンド方式のマイカーリースがおススメです、言い方を変えると、条件が逆のマイカーリースはお得じゃない、ということです。

マイカーリース終了時には、車を査定をして買取店に高値で売却して、その中から④を払うようにすれば、リース終了後に10万円単位のお金が手元に残るかもしれません。

オープンエンドとクローズエンド、マトメ

個人向けマイカーリースは、オープンエンドもクローズエンドも「残価を払えば車を買い取れる」という条件なら、最後の車の処理をしっかりやると答えは同じになります。

ただし、将来、アメリカのようにマイカーリース料が個人の費用として認められるようになれば、クローズエンド方式の方が圧倒的に有利になります。(まぁ、それはないです)

 

マイカーリースの査定でソンしない為に
マイカーリース終了車をリース会社に渡す前に、必ず第三者(一括査定)を利用して車の価値を確認してみましょう、もしかしたら思わぬ高値がついているかも(高確率)
リース会社は高値の車でも理由を付けて査定を低くしているかも(99%)・・・いままの乗った車を高く評価してもらい、買い取り店に高値売却→リース会社に残価を払い、余ったお金を次の車の購入資金にする、これがマイカーリースのお得な利用方法です。

タイトルとURLをコピーしました