マイカーリースで車の改造がダメな理由

マイカーリース

マイカーリースでは、基本「車の改造NG」ですが、OKな改造もあります、それぞれについてカンタンに説明してみます。

マイカーリース出来ない改造

マイカーリースで、やってはいけない改造を重要な順に説明します。

法律に違反する改造は禁止

全てのマイカーリース会社で、法律に違反する改造は禁止となっています。

リース終了時の残価が違ってくるというだでなく、車の所有者としての管理責任が及ぶ場合もあるためです、法律に違反する改造=違法改造となりまうす。

違法改造を平たく言うと、車検に通らない車の改造となります。

ボディーに穴をあける

ボディーに穴をあける改造はNGです、これには車の表面だけでなく車の下やエンジンルーム・トランクなど車全体全てです、もっともエンジンルームや車の下を確認できるかはかなり不明ですが。

ボディーに色を塗る

ボディーに塗料で色を塗るのもダメです、キズ修理などの現状を復帰させるならともかくとして、部分的に車の色を変えるなどは100%NG行為です、リース終了後、状態を復帰させる分の安くない費用が請求(残価からマイナス)されるでしょう。

契約時の装備品を処分する

契約時の装備品を外すだけなら良いのですが、リース終了時には戻さないと問題となります、外したままではマイナスされるのは間違いないです。

マイカーリースで出来る改造

マイカーリースもまったく改造できないわけではなく、改造できるケースがあります。

契約時の状態に戻せるなら改造以外OK

ダメな改造で「なんにも出来ない」と感じた方も多いと思いますが、マイカーリースの改造では、違法改造は絶対に認めませんが、それ以外なら「元に戻せるなら何してもOK」というのが結論です。

査定のマイナス・買取を覚悟するなら改造OK

上の例からさらに進んで、査定のマイナスを覚悟するなら、違法改造以外何してもOK、終了時の残価で車を買いとる場合も同様です。

極論を言うと、リース会社は改造した車で損をしたくないだけなので、その損失を補填できるなら、何をしても大丈夫ということが本音です。(くどいですが違法改造はダメです)

マイカーリース各社の改造についてQ&A

コスモスマートビークル

Q:車の改造は可能ですか?
A:お車の改造はご遠慮いただいております。ご返却いただく際に原状回復が可能な範囲で、装備品の追加等をしていただくのは全く問題ございません。

定額ニコノリパック

Q:改造はできますか?
A:契約後にお車の改造やパーツの取外し、取付はできません。 取付したいパーツなどご希望がありましたら、お見積り時にご相談ください。

ホンダカーリース

Q:リース車にオプションや用品はつけられますか?
A:リース契約時にご注文いただき販売会社で装着するオプション・用品については、リース料に組み込む事ができます。納車後の用品等の装着については、その代金をリース料に組み込むことはできません。また納車後に用品を取り付けた場合は、車両返却時までに、納車された状態に戻していただきます。なお、違法改造やレース等での使用はお断りさせていただいております。

フラットセブン

Q:リースだとクルマのカスタマイズはできないのですか?
A:いいえ、カスタマイズ可能です。
契約前ならナビやオーディオなどを付けて、分割払いに組み込めます。
契約中でも、法令に違反せず車輌の価値を下げない範囲であれば、お好みのタイヤやアルミホイールに履き替えたりすることもできます!

↑ 車の価値を下げる、法令に違反する、といった改造はだめだということです。

改造の解釈について

リース会社各社が独自にルールを設定しているので、契約をする前にきちんと説明をして貰たほうが良いでしょう。

あと、「法令に違反しない」というのは違法改造なので明確に分かりますが、「車両の価値を下げない程度・・・」というような「リース会社の解釈でどうにでもなる」ようなことについては、明確に聞いておいた方がいいかもしれません。

 

車を改造したい、マトメ

マイカーリースで残価をKEEPしたいなら、改造はしないほうが良いでしょう、アルミホイール・オーディオ・ナビなどの交換がOKでも、最初につけられていた製品は、処分せず取っておいた方がいいですね。

純正パーツは、見た感じ大したことなくても、けなり高いことが多いため、交換後の製品が社外品に替えたことでマイナス査定の理由にされてしましますからね。

もし、大幅きく改造したいなら契約をする前に、リース会社に相談してみることをオススメします、改造の内容によっては、残価など考慮した金額でリース出来る場合もあります。

タイトルとURLをコピーしました