値引きが多い車のリースが安いわけない

マイカーリース

値引きの多い車は安く買えますが、実はマイカーリース向きの車ではありません、普通に買うのとマイカーリースが、ちょっと違うところです。

値引きが多い新車はリースしないほうがいいワケ

値引きが多い新車はマイカーリースに向いていません、でも、セールスマンが積極的に進めてくるのは、こういう車が多いです。

その理由は、もちろん儲かるからです。

値引きが多い車=人気がない

値引きが多い車は、概ね人気がないことが多く、おすすめしない理由の根本は、これに集約されています。

ミニバン・コンパクトカーの一部車種には、ライバル車との販売競争の激化で値引きが多くなっていますが、これは特殊な例です。

普通人気がない車は、売れないので値引きを武器にして売るのが業界常識です。

人気がない車=残価が低くなる

値引きの多い人気のない車をマイカーリースすると残価は低く設定します。

250万円の車でも、人気車なら3年・5年後の残価も150万・100万円というようにするかもしれません、しかし現時点で、人気の無い車が、将来は人気が出てくる?というのはチョット考えにくいです。

そういった車の残価は、50万円・30万円と低い設定になり、月々の支払額は増えてしまいます。

人気のない車でも値引きが少ない

マイカーリースでは、月々の支払金額だけを表示して車両値引きを公表していない事が多いです、もしかしたらホトンドそうかもしれません。

お店は値引きが多い車でも、値引き無しなしや値引きを絞ってリース料を計算してきます。

リース料金の総額から緻密に逆計算すれば、大まかな車両値引きは導き出せるんですが、かなり知識がないと大変かも。

マイカーリースは、ローンで値引き交渉して買ったときと比べて、10~20万円以上値引きが少ない計算で契約しているケースがかなりあります。

将来の清算金が出ることも

先にも書きましたが、不人気車種は将来の買い取り価格が心配です。

5年のマイカーリースをした場合、かなりの確率でフルモデルチェンジがあり、場合によっては不人気で生産中止となることもあり得ます。

こうなると、フルモデルチェンジはともかく、生産中止の車の残価は目も当てられません、リース期間が終了したときに、清算金が必要になったりすると、月額のマイカーリース料金がいくら安くても、最終的には意味はなくなります。

値引きの多い車は割高なリース料

少し極端な例ですが、ちょうど今、新型ジムニーが大人気なのでこれを例にとって説明します。

新型ジムニーの車両本体値引きは大体6万円です、ほぼ日本全国同じでしょう、マイカーリースした場合は値引きを最大4万円に計算してリース料金を計算します、普通に購入しても1~2万円の差しか出ません。

ところが、不人気車であるニッサンのキューブの場合は、普通に買うと値引きが25万円超ありますが、リース会社では値引き10万円程度で料金を算出することがザラで、ひどい場合は0円ということも。

この時点で普通に買うよりも15~25万円も割高に買ってします。

お客側は、月々のリース料しか説明されてませんから割高な料金になっていることにまったく気が付きません、マイカーリースは人気車にくらべて不人気車のほうが割高になる、というか、今はお店側に上手くやられているというのがその実情です。

なぜこんなことを書くかと言うと、正規ディラーでない中古車店でマイカーリースでワゴンR(130万円ぐらい)を契約をした時に、45万円以上の利益がある契約を見たことがあるからです。

いくらメンテンナンスや保険が入っていても、正規ディーラーでなければ、10万円あれば御の字という車の利益が45万円超って・・・知識がないとボラれることもありますね

値引きの多い車はマイカーリース向きじゃないマトメ

値引きが多く人気がない車は、リースしても金銭的デメリットしかありません、リース会社を喜ばせるだけです、こういった車を積極的にススメくるようなセールスマンがいたら十分気を付けて対応しましょうね。

ただ、不人気車は、あとの残価(清算)の問題があるので、普通の店は売り込んでこないこともあります、こういうお店の方が個人的にはおススメできますね。

どのみち、マイカーリースを安くしたいのなら、正確な新車値引き情報は必須なハズ、値引きはWEBサイトでも調べられますが、より正確に知りたいのなら、ネットの新車見積もりを利用すると良いでしょう。


AUTOC-ONE(オートックワン)は、値引きの入った新車見積もりを加盟ディーラーへ依頼できます、ここから依頼すると、希望しない訪問は一切ないので安心して申し込めます、あとディラーへ直接メールで申し込みをしても、なかなか値引きの入ったメールは貰えません。
理由は「ライバルから探りのメールでは?」・・みんな警戒してますからね。

 

タイトルとURLをコピーしました