マイカーリースに向いている人と車

マイカーリース

マイカーリースの利用には向き不向きがあります、ローンや現金購入のほうが良いというケースも少なくありません、これから説明することに思い当たることがある人はマイカーリース向きかもです。

マイカーリースに向いている人と車

マイカーリースは「車を借りて乗る」、ローン・現金購入は「車を買って乗る」ため、この2つを「金額だけ」で比較するのは無理があります。

ただ、「車は財産で所有するもの」という考えの人は、マイカーリースは残念ですが向いていません。

反対に「車は道具で使うもの」という考え方の人は、マイカーリースがけっこう向いているかもしれないです。

念の為言うと、考え方の問題なので、正しいとか正しくないという事ではないです、賃貸住宅派、持ち家派みたいなものなので。どっちが正しいとかの答えはないと思います。

前置き長くなりました、マイカーリースが向いているケースを解説します。

頭金を抑えたい・購入資金が心細い

現金の持ち出しは少なくしたい、今は手持ちにあまり余裕がないといったケースでは、月々の支払額だけ考えればいいマイカーリースは車の買い方として向いています。

残価分を払わないぶん、ローンと同じ支払額でも上位ランクの車に乗れます。

人気車が欲しい人

値引きの少ない人気車は、ローンで買っても、マイカーリースで買っても、その値引きにおいて大差ないことが多いので、値引きが少ないマイカーリースの不公平感は減少します。

なにより人気車は将来の残価も期待できます、そういった意味で人気車はマイカーリース向きの車と言えるでしょう。

安全な車に乗りたい

一般的なマイカーリースは3年契約くらいから始める事ができるので、3年ごとに車を変える機会が発生します。
3年ごと新車に乗り替えていけば、最新の安全装置の車に乗り続けられるでしょう。

高グレード・高級車に乗りたい

マイカーリースは、残価という考え方で、将来の車の価値分を支払いから除外します、結果、同じ月々の支払額でも、ローンなどに比べ高グレード・上級車に乗ることができます。
3年のマイカーリースと3年のマイカーローンで比較すると、支払額の差は歴然です。

万全の自動車保険に入りたい

自動車保険料が無理なく払えれば、誰もが万全な自動車保険に入りたい人は多いと思いますがどうでしょうか?

マイカーリースでは、リース期間中の任意保険(最長で5年程度)に入ることが出来て、その支払いをリース料金に組み込むことが出来ます。

月々の支払いに均等で組み込まれますから、煩わしい保険料に悩む必要がなくなり、充実した内容の自動車保険に加入出来ます。

わずらわしさから解放されたい

自動車は、ローンを払っているだけでは乗れません、所有している間は、税金・保険はもちろんですが、車検をはじめとする適切なメンテナンスも必要になります。

こういった事は自分で手配をする為、手間と時間が掛かるうえ、その中身もよくわからないまま、なんとなくディーラー等で言われるがままに行っている人も多く、提示された金額を見て、う~ん・・・と心の中で思ってしまうケースも多いハズ。

マイカーリースの中に期間中のメンテナンス契約を組み込めば、こういった煩わしい手間金銭的なことから解放されます。

毎月決まった金額で乗りたい

マイカーリースで、車代・保険代・税金・メンテナンス代、すべて組み込んだ契約をすれば、リース期間終了まで毎月同じ金額で車に乗ることができます。
考える事は毎月のガソリン代だけなので、いろいろな金銭的な計画を立てやすくなります。

車を定期的に買い替えたい

常に最新の車に乗っていたいのなら、マイカーリースが向いているかもしれません。
3年以下の短い期間のマイカーリースにしておけば、3年ごとに買い替えの機会が強制的に生まれるからです。

車を財産とおもわずに、携帯と同じように道具だと割り切れれば、「毎月〇〇円はマイカーリース代にする」と決めることも可能だと思います。

もし決めることが出来れば、

車に乗ることをやめる日まで、定期的に新車に乗り替え続けられるでしょう。

マイカーリースに向いている、のマトメ

マイカーリースの支払額はローンより高くなってしまいますが、金銭面以外のメリットもあり利用する人の理由になっています。

もし、3年のマイカーリースを続けるなら、20歳~50歳までの30年間で10台の新車に乗ることが可能です。

年齢、職業、家族、生活環境といった、ライフスタイルに合わせて最適な車に乗ることも容易でしょう。

もちろん、ローンや現金での購入も同じ事はできますが、値引き交渉・お店の変更・メンテンナンス・その手配など、けっこう面倒なことも多いです。

この方法は、もう数十年前から、会社が「社長車」とか用意するときにやってるのとほぼ同じ方法です、車好きの社長さんは、経費で落としやすいのでリースにしている社長がとても多いです。

タイトルとURLをコピーしました