マイカーリース

マイカーリースのホント 契約編

安い・お得・月々1万円で乗れる・税金込、ラク、とか魅力的な言葉が乱発するマイカーリースの広告ですが、ほんとにそうなのでしょうか、マイカーリースのホントの実態をQ&Aでザックリ説明

マイカーリースの契約関連

Q:マイカーリースは安いですか?

 A:違います、高いです

マイカーリースは「ユーザーに代わって車の事をする」というのが前提の商品なので、「手間賃」としての費用がかならず発生しています。
ゆえに、マイカーリースが安くなることはありません。

車の購入を総支払額で考えた場合で安いのは、①現金購入 ②ローン ③マイカーリースという順番になります。

Q:ローンよりマイカーリースが安いの?

 A:違います、高いです

マイカーリースの月々支払金額と、ローンの月々支払金額を比較すると、マイカーリースのほうが「安くなる」事が多いです、が・・・

マイカーリース=レンタルなので、車が自分の物ではありません。

ローンは、分割払いとはいえ、購入=所有するということですから、この二つを比較するのは無理があります。

このようにローンとは比較ができないマイカーリースですが、マイカーリース契約期間が終了すると自分の車にすることができますので、そこまですると仮定し比較すると。

やっぱりマイカーリースの方が圧倒的に高くなります。

レンタルで車を借りたあと自分の物にしたほうが安ければ、日本だけでなく世界中そういう車の買い方になります。

Q:マイカーリースは月々支払額が安い?

A:月々の支払は安いです

マイカーリースは、車の販売と違って将来の車の価値=残価(ザンカ)を、車両金額から引いて支払額を計算します。

例えば、200万円の車の残価が80万円だったとすると、200万円-80万円=120万円が支払金額として計算されますから、当然、月々の支払金額も安くなります。

Q:マイカーリースでも自分の車のように使えるの

 A:まったく問題なく使えます

マイカーリースは、自分の車のように使え、その使い方には法律に触れない限り制約はありません、購入したクルマと同じように乗ることができます。

Q:契約者以外も運転して大丈夫?

 A:問題ありません、運転できます

マイカーリースであっても、普通に車を買ったように使えますので、当然、契約者以外の人の運転も大丈夫です。

Q:申し込みすると会社に連絡あるの?

 A:審査の段階であることが多いです。

リース会社は、勤務先にやむ得ない時以外は連絡しないことなっていますが、実際には申込のときにリースの審査で勤務先へ在籍確認をされることが多いです。

リースの審査はクレジットカード作成やローンと同じだと考えて差し支えありません。

Q:未成年なんだけどマイカーリースしたい

 A:原則NGですが、例外もあります。

多くのリース会社では20歳以上の申し込みが原則です、未成年だけの申込みはNGとなる場合が大半です、申し込む場合は親の連帯保証人が100%必要になります。

ただ、家族で定期的な収入がある人(勤め人)の連帯保証人になってもらえれば、審査で通れば問題なくリースができます。

Q:無職でもマイカーリースできますか。

 A:できます、ただし連帯保証人次第です。

家族が連帯保証人となり、審査が通れば無職の人も問題なくマイカーリースできます。
比較的スンナリと通るのが専業主婦・定年後の人です、若干ハードルはあがりますが学生とかもできます、ただ、かなりの高齢者の場合は審査や条件が厳しくなる傾向にあります。

Q:離島だけどリース契約できる?

 A:残念、出来ない事があります。

リース会社の営業所や代理店があれば離島でもリースできますが、そういったお店一切ない場合は、逆にリースできない事が多いです。

リース可能な場合でも、リース料金はホームページなどで公表されている金額とは、かなり違っていることが多く、個別で問い合わせをするという形になります。

Q:高齢者(60歳以上)なんだけどリースできる?

 A:60歳なら問題ありません。

審査結果によりますが、60歳程度ならまったく問題ないです。
高齢者だからといって申込みができなくなることはありませんが、現状では70~75歳くらいを申込みの上限にしていたり、審査が慎重になったりするようです。

Q:マイカーリース契約に連帯保証人は必要?

 A:契約条件次第です

多くのリース会社では、「20歳以上」「正社員として1年以上同一の会社に勤めている」「他の債務がない」という条件でかつ「本人の申込み」なら連帯保証人を必要としないことが多いです。

ただ、状況により保証人が必要になる場合もあります、例えば勤め先が「ヤバイ」とかだと必要になるかも、まぁ普通の会社なら大丈夫です。

保証人が必要なるケースとしては、専業主婦、パートアルバイト、学生、無職といった安定的な収入がない人は、連帯保証人を間違いなく求められるでしょう。

Q:マイカーリースの審査基準は?

 A:リース会社によって違います。

審査の基準がどうなっているのかは、リース会社ごと違います、もっともホトンドがローンと同じような感じだと思いますね、経験上ですがローンがダメならリースでというお客さんも結構いますが、大手で審査をしてもらうと、ほぼNGになることが多いです。

Q:リース契約申し込み後にキャンセルできる?

 A:原則できません。

リース契約のキャンセルは厳しくリース契約締結後にキャンセルはできません。

ただ、契約直後(契約日当日から数日内)であれば、契約を受け付けてもらえる場合も多いです、その反面、お店が車をディーラーに発注した後はキャンセルはまず不可能ですし、キャンセルできても、高額なキャンセル料を請求されるでしょう。

Q:毎年の自動車税払わなくていいの?

 A:リース料に含まれています

マイカーリース契約では、自動車税についてリース料金に含まれている事が大半です、それゆえ「リース会社」が自動車税を納めます、特に法人契約の場合は、この形態が100%近いです
ただし、マイカーリースの場合は、ごくごく稀にユーザーが支払うようにするケースもあるようです。

Q:マイカーリースの契約は最大9年?

 A:9年が最長です

リース会社によって最長契約期間は違いますが、今は(2018年11月)、最長9年の「いまのりナイン」という商品をオリックスオートリースが販売しています。

乗用車の新車リースの場合、3年、5年、7年といった車検を区切りにした期間が多いですね。

極端な話ですが、もっと長く組むことも可能です、ただ残価ゼロ円になった時点で、リースにするよりも買い取ってしまったほうがお得になります。

Q:リース契約には全部含まれているんですよね

 A:違います、契約内容によります。

マイカーリースで勘違いされているケースの一つに「マイカーリースにはすべて含まれている」という点です。

マイカーリース契約に必ず含まれているものは、新車からナンバーを取得するまでに掛かる費用全部、車両代金、諸費用、登録代金、納車費用全般、になります。

それ以外の費用は、マイカーリース契約によって違ってきます。

車検はもちろん日常のオイル交換などの整備まですべて含めるリース契約もあれば、そういったものを一切含めなていないような契約もあります。

 

マイカーリースのホント 契約編 マトメ

マイカーリースでは、マイカーローンと同じように審査があります、商談も一番最初に審査をしてからOKなら進めていく、というスタイルのお店も少なくないハズで、商談の途中でも審査でNGが出ると、「当店ではちょっと・・・・」みたいな話になるはず。

ちなみにmローン審査が通る人ならマイカーリースも、ほぼ間違いなく通ります、が、それと同じでローンが通らなくてもマイカーリースなら・・・という事を考える方けっこういますが、残念ながら無理なことが多いですね。

関連記事

  1. マイカーリース

    マイカーリースと残価設定付きローンどっちがいい

    マイカーリースと残価設定ローン(残価設定プラン)購入から車を手放す時ま…

  2. マイカーリース

    自動車保険料が高いひとほどマイカーリースが向いている

    自動車保険には加入したほうがいいと思っている人が多いですが、保険料が高…

  3. マイカーリース

    マイカーリースのホント クルマ編

    マイカーリースの車について、車・納車・書類でよくある質問を、売る側のホ…

  4. マイカーリース

    マイカーリースが終わったら車どうする?どうなる?

    マイカーリース契約期間が終了したときには、今まで乗っていた車はどういう…

  5. マイカーリース

    マイカーリースのデメリット

    最近注目されている、車の新しい買い方のマイカーリース、特にディラーや自…

  6. マイカーリース

    マイカーリースは人気車がいい

    マイカーリースには、リース向きという車があります、リース向きの車は、月…

大事な事

  1. 車検諸費用

    用語解説

    車検諸費用を解説してみます
  2. マイカーリース

    マイカーリースと残価設定付きローンどっちがいい
  3. マイカーリース

    自動車保険料が高いひとほどマイカーリースが向いている
  4. マイカーリース

    マイカーリースのホント いろいろ編
  5. マイカーリース

    マイカーリースのホント クルマ編
PAGE TOP