マイカーリースをザックリ解説

マイカーリース

新車を買うときにマイカーリースで買う人が増えつつあります。

マイカーリースが盛んな沖縄県は、個人の新車5台に1台がマイカーリース利用と言う統計も

人気の秘密はもしかして安く買える?!

残念、安くは買えないです、むしろ高いです‼

ん?高いのに売れているの?

マイカーリースの表・裏・ホンネ・タテマエ・メリット・デメリットすべて解説してみます。

マイカーリースの大事なことザックリ解説

まず、マイカーリースと言われても、わからない人が圧倒的に多いハズです。

そこで、マイカーリースで「大事」なことをカンタンにザックリ解説してみます。

このページだけ読んでも、人に「マイカーリースってこういう物」くらいは言えるようになるかも・・・?

車を買わずに借りて乗る

マイカーリースをカンタンに言うとすると「車を買わずに借りて乗る」ということですね。

車を買うときには、現金とかローンとか買って乗りますがマイカーリースはちょっと違っていて借りて乗ります。

「買う」ではなく「長期借りる」ということです、もちろんマイカーリース期間中は、買った時同じように自分の車と同じ感じで乗ることが出来ます。

車を長期で借りる?というとイマイチよくわからないかもしれませんが、似たようなものでは「賃貸住宅」があります。

マイカーリースは賃貸アパートや賃貸マンションを「借りて住む」のにとてもよく似ています。

逆に言えば、ローンや現金での車の購入は「持ち家を買うと同じ」です。

 

契約が終ったら車を返す

賃貸マンションも借りている時には自分の家のように使います、マイカーリースも全く同じです。

借りている物なので、リースアップ(借りている期間が終了)したら「返す」という事になりますが契約期間を延長するや、マイカーリースならではのその車を買い取るといった選択肢もあります。

住宅の場合は「買い取る」という選択はまずないので、この点は少し違いますね

さて、車を返す時は、年月による劣化、消耗、を除いて借りたときと同じ状態にしておかなくてはいけません、もしマイカーリース期間中に、いろいろ取り付けたり、逆に外したりしたものがあれば、最初の借りたときに状態にする必要があります。

そうしない場合は、大抵ペナルティでお金をはらわないといけないルールです。

どこかに車をぶつけたりして壊れている場合も同じです、その分の修理代を払わないといけなくなります。

なんか面倒・・・これなら普通に買う方がいい気もします。

マイカーリースは、安いの・高いの?

なんか面倒なマイカーリースですが、もっとショックな話をしなくてはいけません。

マイカーリースとローンで車を買ったときと比べるとどっちが高いのか

断然マイカーリースです、100%絶対です。

なぜなら、車を最後に買い取るという前提(ローン購入)で比較するからです、この場合100%マイカーリースの方が高くなりますよ。

もし、車を返すという前提なら、ローンの総支払額から「車の買い取り価格を引く」という事をしないと公平ではありません。

なんか、マイカーリースってデメリットばかりじゃないの・・・これなら普通に買った方がいいんじゃない?

ローンにはないリースのメリット

面倒だ・・・と思った人がホトンドでしょうね

でもね、ちょっと待って下さい、マイカーリースにも普通に買う時と違うメリットが2つあるんです。

将来の価値分は支払わないから=月額が安くなる

マイカーリースとローンが決定的に違う点で、「将来の車の価値(残価)を支払いから除く」という事があります、200万円の新車の5年後の価値が60万円あるとしたなら、ローンで買うと5年間で200万円の支払いですが、マイカーリースなら140万円の支払い(200万円-60万円=140万円)ですむのです。

ローンと毎月1万円の違ってきます。

これってちょっと大きくないですか?

ローンと同じ支払額を覚悟するなら、1グレード以上・車によっては1クラス上の車種も狙えるようになります。

車に掛かる費用を何だって組み込める

マイカーリースはリース期間中に掛かる車の費用をリース料金に組み込むことが出来ます、これはローンではなかなかできません。

リース期間中に掛かる車の費用としては、自動車税・自動車保険・車検代(重量税+自賠責+印紙+車検整備費)・メンテナンス代(オイル交換・バッテリー・タイヤ等)・JAF年会費、など、いろいろありますが、とにかく車に掛かる費用なら、望めばなんだって組み込めます。(理屈の上ではですが)

もちろん、アクセサリーも純正品・社外品問わず組むことができます。

そして、その支払は全額の分割払い、毎月一定額となり上下しません、ボーナス月の加算をしない人なら、毎月、初回以外、まったく同じ金額を払うことになります。

一昔前の、スマホ代と変わらない費用で車に乗ることが出来る事も。

マイカーリースは車を借りて乗るんでしょ? ローンより高くなるんでしょ? というマイナスイメージが先行しているのですが、実は多くの利用者は、こちらの「支払額が常に一定」ということに魅力を感じて利用している人がとても多いです。

マイカーリースのマトメ

結論を言うと、マイカーリースは、個人の考え方次第といった車の買い方・利用方法です。

車は「財産」「所有してこそ価値がある」という人には、マイカーリースはまったく向いていません、当サイトを読んでいただいても、あまり意味がないかもです。

しかし、車の「機能だけを使いたい」「生活の中の道具の一つ」「煩わしいのは嫌」という人とってのマイカーリースは、十分メリットがあると思います。

マイカーリースを利用しようか? やめようか? 悩んでいる人も多いようですから、少しでも役に立てたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました