自動車保険料が高いひとほどマイカーリースが向いている

マイカーリース

自動車保険には加入したほうがいいと思っている人が多いですが、保険料が高いと加入するのもとまどってしまいます、マイカーリースならこの問題を解決できるかもしれません。

マイカーリースなら保険が高くても大丈夫?

近年の自動車保険は、年齢が若かったり、初めての保険だったりすると、どこの自動車保険会社の保険料も高い料金設定になっています。

若い人の自動車保険はちょっと気の毒になるくらい、車離れにも影響してる気がします、自動車保険料が高すぎて万全の補償にはいれないケースも、これでは万が一の時がとても心配です。

大都会なら車に乗らないという選択肢もあるでしょう、でも地方では、通勤、通学等でどうしても車が必要というケースも多いはす、このちょと困った問題は、マイカーリースなら解決出来るかもしれません。

リースに自動車保険を含めれば支払いはラク

マイカーリースでは、リース料金に期間中の自動車保険を入れる事が出来ます、契約するリース会社と保険会社にもよりますが、5年くらいの長期自動車保険をリース契約に含めてしまうのは珍しいことではありません。

高い自動車保険も月々の支払いにすることで無理なく入ることが出来ます。

5年間の長期自動車保険料が60万円でも、リースに含めれば毎月1万円づつの支払という事になります、長期自動車保険は毎年入るよりも割安になっているというメリットがあります。

充実した補償内容の保険に入れる

自動車保険料が実質分割払いになれば、保険料にあまり左右されない納得の補償の自動車保険に加入しやすいでしょう。

自動車保険料だけを考えるなら、ネットの自動車保険比較で毎年保険会社を乗り替えたほうが安いと思いますが、年に一回の保険料の支払いが重荷になるのは問題、自動車保険は納得できる補償内容で入っておくのがとても大事です。

マイカーリースに詳しいお店でないと加入が難しいことも

マイカーリースに自動車保険を組み込む事は、法人リースなら数十年も前から行われていることで珍しい事ではありませんが、ただ自動車リースに詳しいお店でないと対応が難しいのが現実です、平たく言ってしまえば ”お店の人もイマイチ理解していない” というのが実際問題なのです。

マイカーリースに詳しいお店を見つけるには

これがとても難しい問題で、マイカーリースの取扱店は新車ディーラーと大手リース会社以外はよくわかりません。

また、上のお店達も”マイカーリースに詳しいの”というと・・・と言う感じなんですね。

WEB・チラシ・お店の看板などで「月々1万円から乗れる」や「マイカーリース」というようなものを見かけたら、問い合わせして確認してみるという、まるで昭和時代ような方法が確実だと思います。

自動車保険をリース料に入れられますか?という事を聞いてみましょう、即答してくれるようなお店なら安心です。

マイカーリースは、これからの車の乗り方で、まだまだ精通しているお店がとても少ないです、新車販売店や中古車店を合わせても、マイカーリースに詳しいお店は数十軒に1軒あるかないといったところでしょう、マイカーリースを考えているなら普段からアンテナを立てて情報収集していたほうがいいですね。

保険料が高い人の・・・マトメ

長期自動車保険は、その保険料をリース料金に組み込める場合は効果的な方法ですが、”ローン・現金で新車購入” ”保険料くらい余裕” という人は毎年通販の保険を見直して加入していったほうが安いでしょう。

また、メリットが多い長期自動車保険ですが、”一番安い”とか”絶対に良い”という事ではありません、自動車保険は生活スタイルに合わせた無理の少ない加入が大事です。

タイトルとURLをコピーしました